自動車運転免許Sunday

自動車運転免許について

合宿免許に持っていく持ち物一覧

合宿免許に行く際の持ち物を以下にまとめてみました。

忘れ物があることで、買い足す"ムダ"な出費や、一人で過ごす際に"ムダ"に退屈してしまったりと、"ムダ"が発生しないよう、「必須の持ち物」と「役に立つ持ち物」の2つに分類。

 

準備段階のチェックリストとしてお役立て下さい。


絶対忘れてはいけない必須の持ち物

□住民票(本拠地記載のもので発行日より3か月以内のもの)

□本人確認書類(パスポート、運転免許証、健康保険証、住民基本台帳カード在留カードなど)
※一種類でOK。また所持免許がある場合はその他の書類は不要ですが、
念のために健康保険証は持っておいた方が良いでしょう。

□筆記用具

□印鑑(シャチハタ以外)

□着替え(1週間分程度)
※夏はTシャツを多めに、冬は防寒具を忘れずに。
露出の多い服や動きにくい服はNGです。

□靴(2~3足)
※厚底サンダルやムートンブーツ、革靴などは運転に支障が出ます。
履き慣れたスニーカーなどが良いでしょう。

□視力矯正用具
※色付きメガネやカラーコンタクトはNG。

□洗面用具(クレンジング、洗顔、ドライヤーなど)

□入浴グッズ(シャンプーやコンディショナー、ボディソープなど)
※合宿所に準備されていることが多いですが、肌に合わないときのことを考えて持参しましょう。

お風呂で入浴以外にすること、男女で違い:アルファルファモザイク

□スキンケアグッズ(化粧水や乳液など)
※女性にとって乾燥は大敵。冬は保湿クリームが必須です。

□通学バッグ(A4サイズの書類や本が入る大きさ)

□携帯電話充電器

□現金(5万円以内)
※盗難被害を考慮して少なめにしておきましょう。


持って行くと役立つ持ち物

□常備薬(風邪薬、頭痛薬、整腸剤など)

□マスク
※春に行く場合は花粉対策に必須です。

□部屋着(スウェットやジャージ)

□スリッパ(室内用)

□音楽プレーヤー、ゲーム機、ノートパソコン、本
※一人の時間を満喫するため、
自分なりのマストアイテムを用意していきましょう。

□雨具

□延長コード
※相部屋の場合はコンセントが取り合いになることも。

□観光ガイドブック

デジタルカメラ

□カチューシャやシュシュ、伊達メガネ、帽子
※遅刻は厳禁。
万一寝過ごしたとしても、すぐに教習に向かえるように、
自分なりのアイテムを持っていきましょう。

□マイバッグ
※ちょっとした買い物などに行くときに使える、
小さめのバッグがあれば便利です。

□キャッシュカードやクレジットカード


最後に

上記を入れる、スーツケース。スーツケースは、Lサイズ以上が便利。

 

合宿所には、必要最低限の生活用品が揃っていることが多いです。ですが、約2週間滞在すること考えると、プラスアルファの準備は必要になります。

ほとんどの合宿教習所は地方にあるため、都会のように、何でも揃う環境があるとは限りません。

 

また帰宅時には、事前に宅配便を利用すると、手ぶらで帰ることができてラクです。

宅配料金無料オプションがついた合宿所を選ぶのもオススメです。あくまで目的は、免許取得です。

 

忘れものをしたことで、教習に支障をきたすことがないよう、準備万端で合宿免許にいきましょう。

 

関連ページ

合宿免許の服装について
http://www.kyosyujyo.co.jp/First/clothes.html