自動車運転免許Sunday

自動車運転免許について

外国人が合宿免許に参加するためのルール

外国人の方であっても日本で生活をするために免許が必要になることもあるでしょう。そもそも、外国人の方は合宿免許に参加することはできるのでしょうか?また条件や注意点はあるのでしょうか?

外国人は合宿免許に参加できるのか?

外国人だからという理由で合宿免許校への入校を拒否されることはありません。
外国人限定プランのある自動車学校もあり、実際に日本に住む多くの外国人が合宿免許を利用し卒業しています。

外国人が合宿免許に参加する上で条件はある?

教習所によって、条件を設定があるところ、無いところがあります。ただ、自動車の運転をするには、日本の交通ルールに従わなくてはいけません。そのため、一定レベルの日本語読解能力を条件としている自動車学校は多くあります。

どのレベルを「一定」とするかは教習所によって異なりますが、
・漢字と平仮名が混じった文章を読んで理解することができるか。
・「駐車」、「徐行」などの標識にある漢字を読み書きし、理解することができるか。
など、交通に関する日本語の読み書き・理解を入校条件としているところがほとんどです。

ある程度日本で生活していればクリアできる内容であり、日本人と同じレベルの日本語能力を求められることはないので、あまり心配しなくて良いでしょう。

某ドライビングスクールでは、英語や中国語、ポルトガル語が堪能な教官が在籍しています。ちなみに、合宿教習所ではありませんが、通学教習所のコヤマドライ ビングスクールでも英語対応可能です。学科のすべてを日本語で理解することが難しいと思うようであれば、日本の交通ルールをしっかりと理解するためにも、 このような外国語対応の自動車学校を選ぶのがおすすめです。

外国人が合宿免許に持って行くべき物は?

合宿に参加するのに必要な持ち物は、合宿期間に必要な衣類や日用品、現金であることは日本人と変わりません。

ただ、注意してほしいのが書類です。

発行から3か月以内で本籍地記載の住民票に加え、特別永住者証明書か在留カード、もしくはパスポートが必要になります。所持免許がある場合は、免許も持参する必要があります。教習所によって必要書類が若干異なる場合があるため、事前に確認をしておきましょう。

難しいと思われがちな外国人の免許取得ですが、意外と面倒な手続きなしで合宿免許に参加することができ、外国語で教習を受けることも可能です。また、都道府県によっては免許試験も外国語でOKです。

もし日本で運転する必要があるのなら挑戦してみてはいかがでしょうか?ただ、肝心なのは免許取得後です。日本語での日常会話や読み書きができなければ運転することは危険でしょう。交通ルールと併せて日本語スキルの向上も目指しましょう。

海外滞在・在住者の運転免許手続きまとめ

中国で日本の免許で運転し“御用”の在日中国人、苦し紛れに「尖閣は中国のもの!」―河南省 (Record China) - Yahoo!ニュース