自動車運転免許Sunday

自動車運転免許について

50代からの免許取得

50代で初めて自動車免許にチャレンジする人にとって不安なのは、
・若い人に混じって恥ずかしくないだろうか
・無事に学科や技能を合格して卒業することができるだろうか
・そもそも合宿免許って参加できるのか?
上記3点のどれかに当てはまるのではないでしょうか?

安いと評判の合宿免許に興味を持ちつつも、なかなか勇気が出ないという人も多いでしょう。しかし、50代に適した免許取得方法があることをご存知でしょうか?

シニア向けプランを選ぶ

合宿免許というとどうも若い人が参加するものというイメージがあるかもしれませんが、
実はそうでもありません。もちろん、10代や20代の若い人が多いのは事実ですし、実際「30代まで」と年齢制限を設けている教習所もあります。

しかし、50代以上限定のシニアプランがある自動車学校も存在します。このシニア向けプランを利用すれば、周りはみな同じ年代。自分一人が浮いてしまうという心配をする必要は一切ありません。

しかも、若い人向けのプランよりもスケジュールがゆったりしているのが特徴で、宿泊施設も豪華で、食事や温泉も満喫できる充実の内容です。教習を受けながら、旅行気分も味わうことができるシニア向けプランが、50代以降の人たちに注目されています。

保証内容の充実したプランを選ぶ

50歳シニア向け合宿免許プランのある自動車学校であっても、保証内容に制限を設けている場合もあります。

た とえば、「卒業まで追加料金なし」のところもあれば、「試験2回目以降7,500円」などと回数を重ねるごとに料金が発生する教習所もあります。せっかく 割安な合宿プランを選んだとしても、失敗するたびに追加料金がかかるのであれば安心して教習に集中することができません。

安心して免許取得を目指すためにも、最低限、卒業保証が付いている教習所など、各種保証が充実したプランを選ぶことをおすすめします。

シニア向けプランを選ぶ際の注意点

合宿は通学よりも安い料金設定となっておりますが、シニア向けプランは、年齢的な学習能力・運動能力を考慮してゆっくりとカリキュラムを消化していくため、どうしても教習料金はやや高めに設定されています。たとえば、通常プランとの差は約3万円です。

も しできるだけ節約したいのであれば、シニア向けプランではなく年齢無制限の通常プランを選ぶという方法もあります。しかし、通常プランでも年齢による料金 差を付けているところがほとんど。年齢的に学習力や判断力が鈍り、試験や検定に合格できるレベルに達するのに時間がかかるからです。

以上のことから、50代以上の方は、料金面よりも安心して教習を受けることができるシニア向けプランをオススメします。

blog.livedoor.jp