自動車運転免許Sunday

自動車運転免許について

合宿免許自炊プランについて

合宿教習所は、通学用の自動車学校よりも料金が割安であることが最大のメリット。しかし、いくら安いといっても平均20~25万円はかかり、2月や3月のハイシーズンになると30万円を超える場合も。

安さが魅力の合宿免許だとしても、できればもっと安く済ませたいと思いませんか?劇安くプランの中でもオススメなのが、自炊プランです。

 

■自炊プランを選ぶと食事付きプランよりどれぐらい安くなる?

 

▼某Aドライビングスクール

食事付き:248,940円

自炊:228,420円

 

▼某Bドライビングスクール

食事付き:324,000円

自炊:297,000円

 

(※上記は、実際にあるドライビングスクールから情報を引用したものです。3月中旬のハイシーズン入校、AT車、シングルルームで比較しています。)

 

比較をしてみると、食事付きプランよりも自炊プランを選んだ方が、断然リーズナブルであることがわかります。Aドライビングスクールであれば20,520円、Bドライビングスクールでは27,000円もの費用を節約することが可能になります。

 

某Bドライビングスクールの場合は、自炊プランを選ぶことで宿泊施設も変わるため、その分もコストダウンにつながっています。実際には、入校時期や合宿教習所にもよりますが、自炊プランを選ぶことで食事付きプランよりも2~3万円安くなるところがほとんどです。

 

たいていのプランでは、自炊プランであっても昼食付きなので、自分で準備するのは朝食・夕食の1日2食でOK。しかし計画的に自炊をしなければ、結局は食事付きプランを選んだ方が良かったということになってしまうので注意しましょう。

 

■1日の食費はいくらまでが理想?

『1日の食費は、1500円以下で留めましょう。』

自炊プランを選んで節約するのであれば、使う食費を考えておき、高くなり過ぎないように工夫しましょう。

 

▼1日の食費×最短宿泊日数(14日)=総食費

・500円→7,000円

・1,000円→14,000円

・1,500円→21,000円

・2,000円→38,000円

 

1日に使う食費が1,000円前後以下であれば、食事付きプランよりも自炊プランを選ぶ方がおトクになることがわかります。しかし、1,500円を超えてしまうと、場合によっては食事付きプランよりも高くなってしまう可能性もあります。

自炊プランで節約をしたいのであれば、

『(食事付きプラン費用-自炊プラン費用)>実際に使う食費』

となるようにしましょう。

そのためには、近くにスーパーやコンビニがある合宿所を選び、できるだけ安価な食材を調達して毎日きちんと自炊をする必要があります。合宿プランを選択することで、地元の新鮮野菜やお米をプレゼントしてくれる自動車学校もあるので、チェックすることをオススメします。

 

自炊プランのメリットは節約の他に、

・自分の好きな食べ物が食べられる

・仲間同士で食材を持ち寄って料理ができる

・仲間と食べる方が、おいしく感じられる

・土地の美味しいものを堪能できる

…など、自炊独自の楽しみもあります。

料理をするのが特に苦にならない方にオススメです。少しでもリーズナブルな合宿プランを検討してみてはいかがでしょうか?

一人でも安心な合宿免許プラン

那須高原合宿予約センターでは、211,000円~免許取得が可能な激安プランが用意されています。

ゆったり合宿免許するなら個室プランがオススメhttp://www.kyosyujyo.co.jp/Plan/room.html

 

 

もし運転に自身のない場合、卒業まで追加料金が一切かからない、安心コース 225,000円もおすすめです。

 

学生さんなどは、アルバイトで貯めたお金で合宿免許に通う方も多いと思います。

また、合宿免許取得費用のほかにも、祝日に遊ぶお金もほしいですよね。

 

少しでも費用を浮かせたい方には、安くて免許がとりやすいプランを選択することがよいと思います。

nanapi.com