自動車運転免許Sunday

自動車運転免許について

運転免許証を紛失した場合に再発行できる場所

私たちの大切な運転免許証ですが、盗難に遭ったり、ついつい失くしてしまうこともあるはずです。そのような免許証の紛失時に運転免許証を再発行できる場所が下記になります。
運転免許センター
運転免許試験場
・警察署内にある運転免許課

これらは運転免許証を紛失した場合に再発行できる場所になるのですが、地域によっては警察署では再発行できないこともあるので、事前に電話で問い合わせしておくと良いでしょう。運転免許証の再発行は住民登録している都道府県で行う必要があります。

再発行できる日時・時間帯なのですが、これは都道府県によって違いがありますが、主に土・日・祝を除く平日の午前10時から16時ごろまでと考えて良いでしょう。

なるべく時間に余裕を持って行くほうが良いために、免許証の再発行を行うときはお昼前に行くのがベストです。再発行には手数料もかかるために、お金を忘れずに持参してください。その際の手数料ですが、3,500円となります。

運転免許証の再発行時に必要な書類や物一覧になります。


運転免許証再交付申込書

これは、運転免許証を再交付するための手続きに必要な申請書で、運転免許証センターや運転免許試験会場・警察署内にあります。そのために、事前にこれを用意しておく必要性はなく、当日に手に入れることができます。

なお、盗難などで免許証を紛失した場合には、警察に届出をするのであれば、最寄の警察署内に運転免許証再交付申込書があるか聞いておくと、当日の時短になります。

運転免許証紛失顛末証

運転免許証を失くしたときは運転免許証紛失顛末証を作成する必要があり、免許証センターなどの指示に従ってこれを作りましょう。これはサインだけのときもありますし、書類で必要事項を記入しなければいけないこともありますが、そこまで手間のかかるものではないです。

申請用写真

当然ですが、運転免許証の顔写真が必要になるので、そのための写真がいります。指定のサイズの写真を用意しておくか、当日に免許証センターなどで撮影をしてもらうかになります。ご自身で写真を持参する場合は、写真のサイズは縦3cm、横2.4cmサイズです。

身分証明書

運転免許書を紛失した場合、免許証の代用として、保険証や年金手帳・住民票・外国人登録証明書マイナンバーカードなど、本人確認のできる物が必要になります。

印鑑

シャチハタでは不可の場合もあるために、認印を用意しておくほうが良いでしょう。

運転免許証を紛失した際の必要な物は以上で、これらは指定の場所で必要になります。手続きにかかる時間は混雑具合にもよりますが、少し時間がかかることも多いために、しっかりと準備をしておくと良いでしょう。

免許証を紛失すると、その手続きに手間がかかることも多いために、なるべく紛失しないようにしなければなりません。

万が一運転免許証を紛失したときは、すぐに交番に被害届を出すか、運転免許証再発行手続きを進める必要があります。