自動車運転免許Sunday

自動車運転免許について

合宿免許の時間割

合宿免許は、普通AT車であれば最短14日で卒業という超短期スケジュールが魅力。
通学の教習所に通った人は2~3か月、長い人であれば半年ぐらいかかったという声をよく聞きます。でも、合宿免許ってスケジュール的にハードで疲れちゃうのでは?と思ってはいませんか?

自主学習、観光をする時間、友達と仲良く話せる時間など、意外にゆとりを持って14日間を過ごすことができるため、非常に魅力的です。

 

合宿免許はなぜ2週間で免許取得できるのか?

合宿プランでは入校日があらかじめ指定されており、その日に入校した人たちを同グループとし、グループごとに自動車学校が時間割を組んでいます。やむを得ない理由なしにキャンセルをしたり、日にち変更したりでできない代わりに、検定等に失敗しない限りスムーズに消化していくことができます。

 

しかし、通学の場合、入校はいつでもできるものの教習スケジュールはすべて自分で組まなければならず、空いている日やキャンセルが出た日と自分の都 合を合わせながら進めていきます。特に、ハイシーズンになると教習生が溢れ、予約が取りづらくなり、思い通りに教習を受けることができなくなります。結 果、免許取得まで時間がかかってしまいます。

 

サクサクと進める合宿はやっぱりハードな時間割?

いくら自動車学校が決めた時間割に沿って進むことができるといっても、その中身はそれほどハードではありません。なぜなら、技能教習は、1段階は1日2時限まで、2段階は1日3時限までと法律で決められているからです。

 

●技能教習は31時限(1段階12時限/2段階19時限)、
●学科教習は26時限(1段階10時限/2段階16時限)、

 

つまり、いくら早く進みたいと思っても、規定時間以上は進めず、タイトな時間割が組まれていたとしても1日2~3時間は自由時間になるのです。教習をスムーズにこなしつつ、且つゆとりを持って生活できるのが合宿の良いところです。

 

合宿プランの注意点

自分で予約を取る必要なく、短期間で卒業できる合宿プランですが、やはりキャンセルすることができないのが難点ではあります。

www.kyosyujyo.co.jp

通学であれば、たいて いの教習所の場合、当日キャンセルや無断キャンセルは違約金が発生するものの、前日までのキャンセルであれば無料です。遅れた分は空きさえあれば自分の都 合に合わせて後日予約の取り直しができます。
しかし、合宿プランの場合は、よほどの理由でなければキャンセルできず、万一キャンセルした場合には スケジュール全体に遅延が発生し、遅延のために延泊となればその料金がかかる場合があります。すぐ別日に遅延分を調整・受講できるわけではなく、最悪の場 合、後から入校する別グループの日程に合わせて遅延分のみ受講しなければいけなくなるので、注意が必要です。

 

確実に14日以上確保できるのであれば、効率の良い時間割に沿って教習を受けることができる合宿がおすすめですが、途中でキャンセルの可能性があるのであれば通学の方が良いでしょう。