読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自動車運転免許Sunday

自動車運転免許について

料金の安いレギュラールームプランでは気遣いを忘れずに

f:id:menkyokun:20161129001159j:plain

合宿免許は宿泊する部屋のタイプによってプランがわかれています。レギュラールームプラントは一つの部屋に複数人が宿泊するプランで、いわゆる相部屋のことです。


レギュラールームプランプランで一室に何人宿泊するかは合宿プランによって異なります。3~4名程度で一室に宿泊するのが一般的ですが、2名一室のプランや5名以上で宿泊するプランもあり同じレギュラールームプランでも内容は大きく異なります。

レギュラールームプランで同室になるのは同じ合宿の参加者から無作為に選ばれますが、当然男女が同部屋になることはありません。また友人や知人と一緒に合宿免許に参加する場合は申し込むときに同部屋希望を願い出るとグループメンバーを同室に割り振ってくれることがあります。

レギュラールームプランの最大のメリットは料金の安さです

レギュラールームプランではベッドや布団は人数分用意されますが、テレビやテーブルなどは共用です。部屋は基本的に間仕切りなどはなく同じ部屋で一緒に就寝しますが、カプセルホテルで使用されているカプセルベットで就寝するプランもありその場合は半個室のような空間が確保されています。

レギュラールームプランの最大のメリットは料金の安さです。複数人で一室を使う分宿泊コストが安く、合宿免許料金もそのぶん安くなっています。合宿免許の広告に記載されている最安料金プランはほぼ全てがレギュラールームプランの料金です。個室だと割増料金がかかりますが、レギュラーなら最低限の費用だけで免許を取得できます。

レギュラールームプランでは合宿で初めて出会った人達と同室で過ごすことになります。多くの時間を一緒に過ごすことになるので打ち解けやすく、卒業するまでには友だちになれるでしょう。初対面の人と一緒に寝泊まりするのは緊張するものですが、それは相手も同じです。積極的にコミュニケーションを取ることで免許取得を目指す良き仲間が得られ、前向きに教習に参加する意欲が生まれます。

知らない土地でひとりで過ごすのは不安で孤独を感じるものですが、レギュラールームプランなら寂しさを感じることはありません。教習に関する悩みや不安も相談できますし、体調を崩したとしても同じ部屋に誰かがいるというだけで心強いものです。

共同生活のルールを守る

レギュラールームプランでは共同生活のルールを守らなくてはいけません。ちょっとしたことがストレスの原因になりますから、周囲への気遣いを忘れないようにしてください。

部屋の風呂やトイレなどを長時間専有してはいけません。普段一人暮らしの方は時間を気にする習慣がにためついつい時間をかけてしまいがちですが、部屋の人数が多ければ多いほど一人が使える時間は少なくなります。時間を気にせず使いたいなら共用のトイレや大浴場を利用しましょう。

レギュラールームでは持ち物の管理は自己責任です。荷物を入れる個人用のロッカーが用意されているので、余計な荷物を部屋に放置せずきちんと片付けてください。あまり考えたくないことですが初対面の人達と共同生活する以上、盗難にも警戒が必要です。貴重品は必ず鍵の掛かる場所に保管してください。

レギュラールームでの生活で一番困るのがイビキや寝言です。イビキや寝言を自覚している方はレギュラールームプランを選ぶべきではありません。同室のメンバーのイビキや寝言がひどいとろくに眠れない可能性もあります。自衛のために耳栓を持参すると安心です。

hitoriblog.com