読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自動車運転免許Sunday

自動車運転免許について

準中型免許は初心者でも取得可能の免許

f:id:menkyokun:20161129002947j:plain

準中型免許とは、平成29年3月12日から施行される新しい免許で、準中型免許は初心者でも最初から中型免許がとれる制度です。これまで中型免許は、普通免許をとってから2年経過をしないと運転できませんでしたが、準中型免許は所持免許無しの初心者の状態で18歳から取得することができます。

そのためまだ免許をとっていない人で、普通免許をとることなく最初から中型車も運転したい、という人は、平成29年3月12日移行に免許取得をしましょう。

ちなみに免許制度改正の日がこの日程ですので、この日までは教習所でも教習を始めることができません。この背景にはドライバー業界の人手不足があるといわれており、18歳からでもドライバーの仕事に従事できるように、中型免許を免許取得可能年齢の18歳にすることで人材を確保したいという狙いがあります。

普通に生活をして乗用車にだけ乗っている人にはあまり関係のない話となりますが、トラック運転手を目指す若い人にとっては朗報です。

準中型免許で乗れる車

準中型免許で乗れる車は、最大積載量は4.5t未満、車両総重量は7.5t未満の車です。これはどれくらいの大きさの車かというと、街で見かけるような大きなトラックではありません。貨物用の大型、中型のトラックは対象外です。

新たに準中型免許が新設されて普通免許で乗れる車の範囲が変わる 

準中型の免許で運転できる車は、コンビニの配送用、単身者や二人世帯の引っ越しなどに使われる小さなトラックで、2トンショートや2トンロング、2トンワイドロングなどと呼ばれる車が該当します。

トラックについては、ごく小さなものであればOKで、その他に該当する車として、ゴミ収集などに使われるパッカー車、クレーンの装備をした2トンユニック車、小型消防車なども該当します。

このほかにもありますが、準中型免許の取得ができることで、18歳で初めて免許取得をしたときから、さまざまな職業に従事することが可能となり、人手不足の運送業界の担い手を確保することが可能となります。多くの若者の就業機会を作る意味でも画期的な改正案となってます。

普通免許で運転できる車

道路交通法の改正による免許制度による普通免許で運転できる車は、総重量は5t未満、積載量は3t未満、乗車定員は10人以下の車です。しかし免許制度が改正となる平成29年3月12日以降では、車両総重量は3.5t未満、最大積載量は2t未満、乗車定員は10人以下の車となります。

普段自家用車を運転している人にとってはピンとこない話ですが、実は現行の普通免許では思った以上大きい車を運転することができたのですが、新制度発足以降はより小さな車に制限されます。

とはいえ、普通に自家用車を運転している人であれば、特に問題ない範囲の話ですが、時々は大きめの車を運転するかもしれない、という人であれば、新制度が施行される平成29年3月12日までに普通免許を取得しておくことをおすすめします。それ以降になりますと、将来的により大きな車を運転するときに上位免許が必要となり、免許取得する際に費用がかかってしまいますので注意が必要です。

nlab.itmedia.co.jp